新入社員を教育すべきポイントとは!?

報告や相談する大切さを教えましょう

新入社員を教育しなければいけない事はたくさんありますよね。新入社員が入り、先輩となったアナタがまず行うべき事はコミュニケーションを取る事です。そして、報告や相談する大切さを教えて下さい。なぜ、コミュニケーションを取ることが大切なのでしょうか?それは、指示待ち人間になる事を防ぐ為です。そもそも、指示待ちになってしまう要因としては、上司に話しかけずらい…という点が挙げられます。上司と上手に話せないという事が原因で、トラブルを一人で抱えてしまう可能性もありますよね。しかし、普段から積極的にコミュニケーションを取っておけば、新入社員は上司のアナタから指示を貰おうとするハズです。また、新入社員に報告や相談するクセがつけば、ミスを事前に防ぐ事ができ、結果的に業務の効率が上がります。新入社員が入った時は、まずは信頼関係を築く事からはじめてみてはいかがでしょうか?

優先順位の説明をしておくとスムーズです

ある程度、新入社員と信頼関係を築くことが出来たら、次は社内の優先順位の説明をして下さい。「何事もまずは説明する」という事が、新入社員を教育する際の大切なポイントです。仕事内容では?と思う方もいるかもしれませんが、仕事に関しては慣れも必要なので、上司の力ではどうする事も出来ません。しかし、優先順位が本人に備わっていれば、自分で考え行動した場合でもミスに繋がる可能性は低くなります。ミスが減れば業務の効率はグッと高まりますよね?そして、ミスがなくなる事で本人の自信にも繋がり、結果的にアナタの指示がなくても仕事が出来るようになるはずです。「ミスがないから自信になる」という好循環を生み出す為に、まずは優先順位の説明から行ってみてはいかがでしょうか?