上司になるにあたっての心構えとは?

信頼を持たれる上司を目指す

これから上司という立場になる際には、部下からの信頼を得るための振る舞いを大切にしたいものですね。信頼が薄いとチームとしてのモチベーションが下がりやすいですし、中には反発する社員すら出てくる恐れがあります。ではどんな上司は信頼を得にくいのか、例えば頭ごなしの指導しかできないのは良くありません。アドバイスをするでもなく、仕事しろだけでは上司としてあまりにも頼り甲斐がなく、支持も得にくいでしょう。上司と部下の関係性に拘り過ぎるあまり、高い壁を作ってしまうのもウケが良くないと言えます。何か困ったことがあっても相談をしにくいですし、いざという時に気軽に相談ができない上司では、信頼を持ちにくくなるのも無理はありません。ある程度は風通しをよくできるよう配慮の持てる上司の方が、部下からの信頼も寄り付きやすいでしょう。

部下に対して責任を持つ

上司は部下の上に立つ立場ですが、それは言い換えれば権力があるということでもありますね。ただ、権力があるからと偉ぶる上司になってしまうのは、注意が必要と言えるのではないでしょうか。例えば部下が仕事で失敗をしてしまった場合、権力を笠に着て部下に責任をなすり付けようとする上司は敬遠されます。これではありがちな嫌われる上司になるのは必至ですし、部下も付いていきたいと思えませんよね。それよりも部下に対してしっかりと責任を持てる上司は、頼れる存在に見られやすいはずです。部下の失敗を自分の責任と捉え、一緒に打開を図ってくれる上司は頼もしいでしょう。上司というのは責任をあずかる立場でもありますので、ただの権力者にならないように気を付けたいところです。