中堅社員の教育はここが一番のポイント!!

中堅社員の教育の重要性

企業の競争力や成果に大きく影響を与えているのは、中堅社員です。個人ではしっかりと仕事をこなし、グループ内では後輩の指導を行なうなど、企業の現場において、実際に中心に立って働いています。管理職ではなくとも次期リーダー候補として、企業成長のためのキーパーソンと言えるでしょう。しかし、このキーパーソンの教育をしっかり行っている企業はまだ少ないのが現状です。

中堅社員は働けるため、自分の仕事に忙殺されることが多く、組織内の流れにまで目を向けている余裕がないとも言えます。企業側も成果が上がっていればよし、となり、教育まで見ていないことが多いです。ですが、企業の成長のためにもキーパーソンの中堅社員が活躍できるフィールドを広げ、リーダーとしての自覚を促し、成長していくためにも適切なタイミングで教育を行なう必要があります。

どんな教育をするべきか

中堅社員にはどんな教育が必要か、大きく考えると、個人の技術や能力のレベルアップ、管理職としてのノウハウを知る教育が挙げられます。個人のレベルアップの教育には、職種ごとの専門的なスキルの取得と職種ごとではない基本的なスキルを高める教育があります。管理職としての教育には管理職の役割や心構え、意識すべき点、リーダーシップとフォロワーシップなどの教育があります。

大切なことは、行なう教育が対象となる中堅社員に合っているかが重要となります。対象を間違えてしまうと「企業が自分に何を求めているのか」がうまく伝わらず、教育も無駄になってしまいます。対象を入社年数などで安直に決めず、「どんな人材になってほしいか」を明確にした上で適した対象を選びましょう。これらを明確にするためにも自社の現状を振り返った上で、中堅社員の教育を行ないましょう。