新入社員の教育はなぜ大切なのか?

理解を深めて即戦力にするため

会社では時間をかけて新入社員の教育を行います。時間とお金をかけてまで新入社員の教育を行う理由は、理解を深めることで即戦力にするためです。新入社員は右も左もわからない状態で入社します。いきなり仕事をまかせてしまうと混乱し、失敗を招きかねないです。そのため、研修を通じて新入社員になぜこの仕事をするのか、任せている仕事はなにになるのかをしっかりと伝えていきます。自分がどんな仕事を任されているかを知ることで、新入社員は責任感を持ち、仕事を最後までやりこなそうという気持ちになります。新入社員が戸惑わないように、わからない所をしっかりと教えることで、現場に出た時に責任を持って仕事をこなす即戦力として仕事をこなすことができます。

ベースが出来ていないと成長できない

新入社員の教育を行うのは、ベースが出来ていないとどの仕事もこなすことが出来ないからです。何事も一番最初が肝心です。仕事をするにあたって、まずはどんなことをしなければならないのかを知ってから、ステップアップしていきます。また、新入社員がやがて先輩になった時に、新しくできた後輩の新入社員に対して指導ができるようになります。自分が指導するころには基本が全て分かっている状態でないといけません。そのためしっかりと新人教育を行うことで基礎となるベースの部分の理解を深めていきます。理解を深めてベースができるようになることで、自分が行っている仕事の中での向き不向きや、どのジャンルが得意かを見出すことに繋がります。